今年のバレンタインは、みんなが幸せになれるチョコレートを贈ろう。
今年のバレンタインは、“大量生産されていない愛”を贈りませんか?

クラフトビールやサードウェーブコーヒーと同じく、チョコレートの世界でもクラフト感を重視する傾向が強くなっています。

大量生産ができなくても、昔ながらの製法やこだわりの素材で大切につくられた「クラフトチョコレート」が注目を浴び始めたのは2000年代に入ってから。現在ではさらに多様化し、「Bean to Bar 」「Tree to Bar」、さらに動物性のミルクを使用しない「オルタナティヴ・ミルクチョコレート」などが人気を高めています。

ちなみにチョコの原料となるカカオ豆を栽培するために、森林伐採が行われていることが多く、地球温暖化の影響で2050年にはカカオ不足による「チョコレート危機」が叫ばれています。これらのクラフトチョコレートはおいしいだけでなく、こうした環境課題にも向き合っているものが多いようです。

今年のバレンタインは“サスティナブル”で“エシカル”なチョコレートを選んでみてはいかがでしょうか!?

今年のバレンタインは、みんなが幸せになれるチョコレートを贈ろう。

PRODUCTS CHECK ALL PRODUCTS MAGAZINE GO TO MGAZINE