知ればヒントが見つかる?「自分」のCO2相当量を測ってみよう
地球温暖化の原因と言われる温室効果ガスの大量放出。
「なんとかしたいけど、なにをしていいかわからない」
というのが本音では?
でも「あなた」ができることって、
実はたくさんあるんです。

CO2相当量の60%は個人の消費に伴うもの。
※”個人のCO2相当量”のうち消費活動にかかわるものが60%(Doconomy調べ)
※CO2相当量とは、CO2とそのほか特定の温室効果ガスによってどれだけ地球温暖化がもたらされるかを表す尺度のこと

つまり日々の消費活動の積み重ねが、
大量のCO2相当量を生んでしまっています。
※日本人平均は年間8tCO2e(2018年世界銀行調べ)

だから、一人ひとりが意識して行動することで、
CO2相当量は削減できるし、未来は変わっていく。
スウェーデンの企業・Doconomyが開発した
「ライフスタイル・カリキュレーター」は
個人のCO2相当量を可視化してくれるツール。
日々の生活における自身の行動について正直に答えることで、
「あなた」のCO2相当量が分かるんです。
そう、自分の何気ない選択が、地球に与える影響が見えるんです。

知ることで、行動が変わるきっかけになる。
知ることで、やるべきことが見えてくる。
知ることって、とっても大切。

「ライフスタイル・カリキュレーター」
https://doconomy.com/lifestyle-calculator/

知ればヒントが見つかる?「自分」のCO2相当量を測ってみよう

PRODUCTS CHECK ALL PRODUCTS MAGAZINE GO TO MGAZINE