もっとみんなが幸せになるお買い物をしよう。

もっと、みんなが幸せになれる買い物をしよう。

想像してみて。
「モノ」の向こうには必ず「ヒト」がいることを。

買い物をするとき、商品ができる背景も考えてみて。

低賃金労働、長時間労働など、過酷な環境下に置かれる人々がいるかも。

もしくは、大量生産を安価に可能にするため、畑に農薬や化学肥料を大量に使用したり、新規農地開拓のため森林伐採をするなどして、環境破壊を促しているかも。

場合によっては、教育機会を奪われた子どもが働かされていることだって……。

企業努力の「安さ」ももちろんあるけど、そうじゃない可能性もあるかもしれない。

誰かの「不幸」に加担したくなければ、フェアトレードという選択肢も。自分の「選択」が、たくさんの人の幸せにつながったら、それってちょっと気持ちいい。