「原料」「カロリー」そして「CO2」 知れば広がる、新しい選択肢

たとえば、自分が手にとった商品が、

製造から流通、廃棄にいたるまで、

どれくらいCO2を排出するのかがわかったら、

あなたならどんな商品を選びますか?

スウェーデン発のインパクトテック企業

Doconomy(ドコノミー)が開発した

「the 2030 Calculator」は

世の中にある様々なプロダクトの

CO2相当量を可視化してくれます。

informed choice(インフォームド・チョイス)

つまり「知った上での選択を促したい」

――これがドコノミーの願い。

たとえばスーパーの棚に並ぶ食品のカロリー表示が

当たり前になったように、

世の中のあらゆる商品に

「CO2相当量表示」を付けることで、

正しい消費が選択できるような社会。

自分たちの日々の消費行動が、

どれくらいCO2の排出に影響を与えているのか。

温暖化を促している「自分」を知り、

それを止める「自分」を選ぶ。

知ることが、

よりよい明日の選択を促し、

知ることが、

よりよい明日をつくるきっかけになる。