軽い!強い!へたらない!素材の専門家集団が本気で考えた使い倒せるアップサイクルバッグ
アップサイクルプロダクトが気になる今日このごろ。
環境負荷の低減は大前提として、かわいいもの、おしゃれなもの、ユニークなもの……とそれぞれ特徴のあるプロダクトも増え、わたしたちの選択肢もどんどん豊かになっています。

今回ご紹介するのは、かわいいデザインながらも、非常にタフな素材を使っているアップサイクルバッグ「RePLAYER™ Tote Bag」。

“元ネタ”はフレキシブルコンテナ(=フレコン)。

フレコンは大型貨物の配送等に利用され、約1トンの荷重に耐えられるという非常にタフな産業用のパッケージです。

通常、フレコンは何度もリユースされ、約15年ほど使い続けた後、廃棄されることが一般的でした。ただ15年使ってもフレコンのタフネスぶりは健在で、残存強度は70〜90%も保持しているそうです。それを捨てるなんてなんだかもったいないですよね。

そんなフレコンの素材としてのポテンシャルに注目したのが、三井化学グループの有志活動「MOLp®(そざいの魅力ラボ)」。MOLp®は約15年間使われ“役割”を終えたフレコンに新しい命を吹き込み、今までにないアップサイクルプロダクトに生まれ変わらせました。

“フレコンバッグ”は、アップサイクルバッグとしてよく目にする塩化ビニールと比較すると素材自体が約40%軽く、高い耐久性と高強度を誇ります。また修理可能な特性を持ち、かなり長い期間使用することができます。リサイクルもよりしやすい点も見逃せません。

素材を知り尽くしたプロ集団だからこそつくり得た、ずっと使い続けられるフレコンバッグ。長く使えば使うほど環境にも貢献できる、とってもうれしいアイテムです。