容器リサイクル、エコ素材、量り売り マッシュグループが実践するゴミにさせない未来のつくり方
「コスメキッチン」「スナイデル」「ジェラート ピケ」など人気のコスメ・アパレルブランドを展開するマッシュグループ。おしゃれで欲しくなるアイテムをたくさん揃えていますが、実は環境面にも非常に配慮している企業だということをご存知でしょうか?

アパレル業界ではいち早くリアルファーの廃止を導入。また、リサイクル素材やオーガニック素材を使用した商品を開発・販売し、日本中に展開するさまざまな店舗でも80%以上にサステナブル素材を使ったお店づくりを実施するなど、未来につながるサステナブルな選択をし続けています。

特に注目したいのはコスメ分野でのエコでサステナブルな取組みの数々。

たとえば2020年4月から使用済みの空き容器を店舗で回収してポイントを還元するサービス「リサイクルキッチン」を実施。約2年で21トンもの空き容器の回収に成功しています。

また化粧品ブランド「to/one」のボトルは、プラスチック部分は再生プラスチック使用率90%以上、ガラス使用部分はリサイクル可能なガラスを採用し、ゴミを出さない取り組みも徹底。

外箱に使用している紙も、化学薬品を一切使用していないオリジナルで開発したオーガニックペーパー「COSKICHI PAPER(コスキチペーパー)」を採用しています。

ニュージーランド発の老舗ナチュラルトータルケアブランド「エコストア」では一部店頭でプラスチックごみの削減を目的に、欧州などで多く見られる量り売りを実施。ゴミを削減しながら価格もディスカウントすることで、環境にもお財布にもやさしいサービスを提供しています。

こういうブランドを選ぶと、もっともっと未来は素敵になるはず。
そう、未来はわたしたちの手の中。
わたしたちの手で素敵な未来を選んでいこう。