おいしい未利用魚が、海を救う!!
日本の漁業生産量は最盛期の3分の1にまで減少。
漁業資源の激減、それに伴い漁業従事者も年々減っており、後継者不足も深刻です。

一方、世界の水産業は、ニーズの高まりに伴い生産量は伸び続けています。つまり世界的には、魚はたくさん獲れているし、水産業は「成長産業」なのです。なぜそんなことができているのか。それは、水産資源が枯渇しないよう国が徹底した管理を行い、稼げる構造に転換できているから。

今後、日本でも水産資源管理をしっかり行うことが重要視されていますが、そんな中で注目されているのが未利用魚の積極的な活用です。

未利用魚とは、様々な理由で市場では価格がつかない規格外の魚のこと。中には味がいいものもたくさんあるのですが一般的に「食べられる」と認識されていないため、網にかかってもほぼ廃棄されるのだとか。

そんな未利用魚を活用して、おいしく調理してミールパックにしてしまったのが、株式会社ベンナーズの井口剛志さん。未利用魚を活用すれば、水産資源の保護にもつながるし、漁師の利益にも貢献できると語ります。

「獲れない獲れないというけれども獲れている魚まで捨てているのはもったいない。しかも、その魚はちゃんと調理すればおいしい。今、スーパーや魚屋で一般的に売れている魚だけを漁師が追い求め、それにより価格は低いまま。だれも稼げていない。僕らは水産業の稼げない構造を変えていきたいんです」(井口さん)

ミールパック「Fishlle(フィシュル)」は味付けも豊富で、パックからお皿に乗せてそのまま食べるもよし、アレンジ料理するもよし、可能性は無限大。

おいしく食べて、海を守ろう。
また豊かな海が戻ってくることを願って。